ビッグデータやAIを活用するためのM&A

日経新聞一面

ビッグデータ活用のためのM&A

非IT系IT系
非IT系2019年に増えた買収
IT系
IT買収で成長素早く
日本国内のM&A(合併・買収=総合・経済面きょうのことば)市場で、2019年には売り手の3社に1社がIT(情報技術)企業となった。経済・サービスのデジタル化は加速しており、あらゆる業種でビッグデータ

2019年におけるM&Aを見てみると、非IT企業におけるIT企業の買収が増えています。
その背景には、ビッグデータを活用していきたいとする非IT企業の思いがあります。

ビッグデータやAIをビジネスに活用したいと思っていますが、それを使いこなせる技術力が社内になく、今から育てていては時間がかかると判断しての買収が増えています。

まとめ

ビッグデータとAIの活用が着実に進んでいます。

金融業界では取引のアドバイスをAIが行うフィンテックが浸透しつつあります。今後は他業界にもその波は広がり、ビッグデータやAIがビジネスの成長の大きな要因となる日もそう遠くはないと思います。

タイトルとURLをコピーしました