60代の過半数 「70歳超えても働く」

日経新聞一面

60代の過半数 「70歳超えても働く」

働きたくない働きたい
70歳を超えても
60代の過半数 「70歳超えても働く」
日本経済新聞社が2019年秋に実施した郵送世論調査によると、70歳以上まで働くつもりだと答えた人が60歳代の54%にのぼった。18年秋に実施した前回の調査に比べて9ポイント増えた。「人生100年時代

60代の過半数の方が70歳を超えても働きたいと望んでいることが日経新聞の調査でわかりました。

その理由は1位が健康、2位が経済面による不安から、働き続けることを望んでいるとのこと。
生産力を確保するためにも、高齢であっても意欲がある労働力を確保することは社会的なテーマとなっていますが、それを後押しする結果となっています。

政府は企業に向けて高齢者の雇用を続けていくよう努力することを求めたそうです。

まとめ

人口減少が続く日本において、働き手が減っていくことは経済力の低下に直結する大きな問題であり、課題です。

しかし、子供を強制的に増やすことはできませんし、子供が急に増えたとしても、労働者としてカウントできる年齢になるまでには約20年を要します。

そんな中で高齢者の方々で、働きたいと思っておられる方の力をお借りするのは、とても合理的なことです。

今後もこの流れが続くことを切に願います。

タイトルとURLをコピーしました