人員構成の整理?企業の「黒字リストラ」が拡大

日経新聞一面

「黒字リストラ」拡大

リストラしないリストラする
業績が好調人員を減らすことが業績ダウンにつながる将来のビジネスモデルにあった人員構成に変えていきたい
業績が不調今後のために人材を確保しておきたい 等コストを削って赤字を減らしたい
「黒字リストラ」拡大 昨年9100人、デジタル化に先手
好業績下で人員削減策を打ち出す企業が増えている。2019年に早期・希望退職(総合・経済面きょうのことば)を実施した上場企業35社のうち、最終損益が黒字だった企業が約6割を占めた。これらの企業の削減人

業績がいい好状況のうちに人員構成の整理を進める企業が増えてきています。

これには、将来にむけての人員構成の変化を進めたいという思惑があり、黒字であったとしても、人員整理の一環としてリストラを進めています。

人員の流動性が高まってきています。

まとめ

リストラをすることは企業として駄目なことである。
そのような考え方は今や昔となりつつあります。

今はリストラをして経費を浮かせるという意味合いだけではなく、会社の人員構成を変えたいという理由でのリストラを行うことがあります。

特に今後はビッグデータを使うことが企業にとっては重要な課題となりますので、それを実現できる人員構成にしていくためのリストラは今後も進んでいくと思われます。

タイトルとURLをコピーしました