違法なサービス残業なお300万人、月80時間超

日経新聞一面

「違反」残業なお300万人 月80時間超

サビ残なしサビ残あり
人手不足ここが現実的な理想。
人手は足りないが、無駄を削って残業を失くしていく。
人手充足最も余裕がある状態であり理想。無駄な残業なので、残業を減らすことは簡単
「違反」残業なお300万人 月80時間超
大企業の残業に罰則付き上限が導入された2019年4月以降も月80時間超の残業をしている人が推計で約300万人に上ることが総務省の調査で分かった。労務管理の徹底でサービス残業があぶり出され、部下の仕事

人手不足という事情も相まって、仕事を回すために社員がサービス残業をせざるを得ないようです。業務量を減らすためのさらなる創意工夫が求められているようです。

まとめ

同じだけ働くのなら、その時間に見合った対価が欲しいし、サビ残をしつつ対価がもらえない上に責任も伴うなら正社員になりたくない。

そんなふうにサービス残業が嫌で正社員になりたくないって人も少なくないと思います。

人手不足という状況を作っているのは、もとはサビ残をよしとする文化が背景にあるとも言えなくもないと思います。

会社の生産性を高めるために無駄を省く!という視点も大切ですし、そういったアプローチの成功例もあるようですが、すでに十分に削れるだけ削ったが・・・という会社も少なくないと思います。

これからは人手の確保により柔軟性を持たせるなどの、会社そのものにさらなる変化が求められている時代なのかな・・・と思います。

タイトルとURLをコピーしました