有価証券報告書へのリスク開示

日経新聞一面

日本企業、リスク開示1割どまり

投資家が投資しにくい投資家が投資しやすくなる
リスクを積極的に開示する
リスクを積極的に開示しない

企業のリスクに対する捉え方や考え方を公表する。
投資家に投資を促すために今求められている姿勢の一つのようです。

日本企業、リスク開示1割どまり 気候変動や高齢化
人手不足や気候変動など日本企業の経営のリスク開示(総合2面きょうのことば)が海外勢に比べ遅れている。日本経済新聞社が上場企業3300社を対象に有価証券報告書で開示が義務付けられている「事業等のリスク

有価証券報告書の事業等のリスクに関する記載欄に、事業が抱えるリスクに対して記載されている内容が欧米に比べると質量ともに乏しい。

投資家は中長期的なリスクを考えて、事業がリスクに対してどのような姿勢を持っているのかを投資の判断材料にする流れがあるので、日本のリスクに対する姿勢の情報開示の低さは問題とされています。

まとめ

情報をどこまで公開するのか、どれだけ求められている情報を開示するのかが今企業が投資家に求められていることです。

情報が瞬時につたわるネット社会において、企業がどのような情報を発信するのかの重要性はこれからも増していくと思われます。

タイトルとURLをコピーしました