海外投資家による不動産投資が活発

日経新聞一面

海外投資家、日本の不動産投資を活発に行う

不動産投資の利回りが低い不動産投資の利回りが高い
借入金の金利が低い
借入金の金利が高い
国内最大、不動産投資に3000億円 米ファンド
米投資ファンド、ブラックストーン・グループが、日本の賃貸マンション群を一括の取引として過去最大の約3000億円で買うことがわかった。超低金利の資金調達コストを考慮すると日本の不動産の利回りは世界的に

海外投資家の日本の不動産購入で大きな動きが目立っている。
先日、今までの海外投資家による不動産購入の最高額が更新されました。

米投資ファンド、ブラックストーン・グループが、日本の賃貸マンション群を一括の取引として過去最大の約3000億円で買うことがわかった。

借入金を元手に不動産へと積極投資する背景には、利回りの差があるため。

低金利で借入金を借りて、それを元手に不動産を運用する。不動産の投資利回りが借入金の利率を上回れば、その差が儲けとなる。今の日本はこの状態にあるので、海外投資家が過熱気味に不動産投資に動いている。

低金利政策が日本の不動産市場にバブルを誘発しているという見方があります。

まとめ

海外投資家の不動産投資が盛んになっている。
その背景には借入金の金利が低く、不動産投資のリターン率が高いという日本市場の事情が関係しています。

そのことから、今の日本銀行の長期金利が続けば不動産投資を行う海外投資家の動きはまだまだ続くでしょうが、うまみがないと判断したときに、一気に総崩れする恐れもあります。

それを踏まえて、日本銀行が金利政策をどうかじ取りしていくのか。
一つの注目ポイントです。

タイトルとURLをコピーしました