【新型肺炎】国際通貨基金(IMF)「景気減速も」

日経新聞一面

国際通貨基金(IMF)の専務理事「新型肺炎で景気減速も」

経済への中国の影響が小さい経済への中国の影響が大きい
新型肺炎
SARS
「新型肺炎、景気減速も」
【ワシントン=河浪武史】国際通貨基金(IMF)のゲオルギエバ専務理事は中国発の新型コロナウイルスによる肺炎について「世界景気に短期的な減速をもたらす可能性がある」との懸念を表明した。「生産や供給網の

過去に起きたウイルス性の伝染病SARSと比較しても、新型肺炎の性質と中国が世界経済に与える影響を踏まえて、新型肺炎が世界の経済を減速させる懸念が強まってきていると感じているそうです。

SARSのころは中国が経済に与える影響は4%だったが、現在は18%。
今の中国の経済活動が停滞すると、その影響は大きい。

まとめ

世界経済の中心となっている中国。

その中国の経済活動を停滞させている新型肺炎の影響が、世界経済に冷や水をかけることになるのは、想像にたやすいところかと思います。

そうなることに備えた準備を今から施していくことが重要なのかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました