EV電池のリサイクル(再利用)の仕組みの構築

日経新聞一面

EV電池を家庭でリサイクル(再利用)

電気自動車だけに再利用電気自動車の他にも再利用
家庭内で再生エネルギーの普及普及に貢献できない普及に貢献できる
蓄電池の価格を下げる新車台数の数とほぼ一致する電池の需要が伸びるので大量生産によるコストダウンが実現
EV電池を家庭で再利用 トヨタ、蓄電向け仕組み作り
トヨタ自動車は、電気自動車(EV)の使用済み電池を家庭などで再利用しやすくする取り組みを始める。電池のサイズや出力を定めた規格を設け、パナソニックや中部電力などがこの規格を採用する見込みだ。複数社で

トヨタが電気自動車に使用している車載電池を再利用する蓄電の仕組みの構築を進めています。

電気自動車に利用している蓄電池を、家庭用蓄電池としても利用できるように規格の整備する。被災時などで電力網が寸断されたが電気が必要な状況において活用できる仕組みづくりを進めるというもの。

EV電池の利用場面を増やすことで需要を伸ばし、EV電池の生産量を増やしコスト削減につなげていく狙いがある。

EV電池の今後について

EV電池がより広く普及することで考えられること

蓄電する仕組みの普及

EV電池が蓄電池として広く普及することになると、電力を各家庭で貯めるという発想と仕組みが浸透していくことになります。

蓄電ができるようになると、電気代の安い時間帯に蓄電したり、太陽光などの再生可能エネルギーを蓄電することもできるようになりますので、電気代の節約が大幅に進むことになります。

逆に、電力会社にはちょっと厄介だな・・・と感じる存在になるかもしれません。

環境にやさしいビジネスのさらなる進化

環境にやさしい車であるとしてEV(電気自動車)は広く多くの国で受け入れられつつあり、英国ではすべての自動車をEVに変えていくという方針を決めたりもしています。

その普及段階ではいかに安くEVを提供できるのかというコスト競争の段階が必ずあります。

そこで勝ち抜くためにEV電池の再利用の仕組みを今から構築していくというのは、非常に素晴らしい戦略だと思います。

まとめ

日本の産業の核は、なんといっても自動車産業です。
ITが進んでいる現代においても、やはり自動車こそが日本の産業の屋台骨であり、それは次の時代もそうなのだと思います。

その自動車産業発で環境にもやさしく、生活そのものの質を上げてくれるかもしれない仕組みが構築されるということ。

素晴らしいな・・・と思います。

タイトルとURLをコピーしました