英語の独習を30日間やってみて感じている変化4つ

この記事は約3分で読めます。

30日前。

ふと英会話の独習を始めようと決意した。
速攻で英会話の独習環境を整えて、コツコツと毎日実践して気づけば30日が経過した。

1日1時間ほどの勉強なので合計30時間の英会話独習。

英会話の習得には2,000時間は要するとかいいますし、僕の場合は学生時代にろくすっぽ勉強をしていないので、今まで英語の勉強をしてきた実績はほぼゼロ。

そんな僕が30日間勉強したことによって感じている変化を紹介させてもらいたいなと思います。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

英語を30日間勉強して感じている変化

今の僕の英会話スキルレベルを評価して思うことを一言でまとめるとこうです。

やった事は確実に伸びる。やってないことは全く伸びてない

当たり前すぎる事ですが、結局そうなんです。
やったことは上手くなり、やってないことは伸びません。

独学で英会話を勉強しようとなると、独学だけでは補えない部分の経験が蓄積されませんので、そこは伸びてません。

具体的に書くと、こんな感じです。

英単語の知識は増えた

英単語の知識、英語の語彙力とでも言えばいいのでしょうか。
そこは伸びたような気がします。

ただ、普段の生活の中でもなじみのある単語の意味を知ったという感じです。
まったくゼロ知識の英単語を新たに覚えたという感覚はまだありません。

英語の聞き取り力も上がった

シャドーイングしているお陰ですね。
英語のフレーズに聞き取り力は以前より絶対に上がっています。

完璧に理解できるとか、そういう事ではありません。

どこでどう区切っているのか、どういう単語が並んでいる文章なのかを、なんとなくイメージできるようになってきています。

繰り返しになりますが、何を言っているのかはわからないままです。
ここは英単語の知識を増やすことで、どんどん変化していくと思っている部分です。

英語を書く能力は微増

英単語を書くレッスンを毎日しているので、書くことに関しては伸びている部分もあります。
ただ、文章を書くとなると、まだまだです。

・・・というか、言いたいことを文章に書くということは全然できません。
ごくごく簡単な英単語、初級レベルの英単語を書けるようになってきたかな・・・ってレベルでは上達している気がします。

英語を話す能力は全く伸びてない

シャドーイングをしているので、英語っぽい発声の仕方はできるようになってきているかもしれませんが、英会話が成立するレベルには到底及んでないし、そもそも外国の方と話すこともなければ、英語がペラペラの人と触れる機会もない。

英語で話す能力は全くもって伸びてません。
こればかりは独習でなんとかできるものではありませんので、何か考えないといけないですね。

つまり・・・

30日間、英語の勉強をしてきて思うのは、やはり”コツコツと小さくても勉強をしていけば、した分の成長は必ずある”ってことです。

やれば伸びます。

英語が苦手だけど、英語で話したい。

そう思って始めた勉強ですし、まだまだ道のりの始めのほうでしかありませんので焦っても仕方ないし、コツコツと積み上げていくしかないと思います。

そうそう。

自分の中で起きている変化として、何気ない英語フレーズ、英文などを自分のチカラで訳して読んでみようとトライしている時があります。

ツイッターで流れてくる海外のツイートなどを、翻訳する前に、一度読み取ってみようかな・・・とトライしてみて、英文だけで意味をぼんやりとつかんでから翻訳を見るようにしている時があります。

意識的ではなく、ほぼゲーム感覚なのですが、こういうことを以前はしてなかったので、英語を勉強したことで表れた前向きな変化だと捉えています。

というわけで、またコツコツと1日1時間をノルマとして勉強を積み重ねていきたいな・・・と思います。

タイトルとURLをコピーしました