ビッグデータ

IT
この記事は約3分で読めます。

ビッグデータとは

ビッグデータ(英: big data)とは、一般的なデータ管理・処理ソフトウエアで扱うことが困難なほど巨大で複雑なデータの集合を表す用語である。

ビッグデータを取り巻く課題の範囲は、情報の収集、取捨選択、保管、検索、共有、転送、解析、可視化等多岐にわたる。これら課題を克服しビッグデータの傾向をつかむことで「ビジネスに使える発見、疾病予防、犯罪防止、リアルタイムの道路交通状況判断」に繋がる可能性がある。

用語自体はデータマイニングで一般的に使われてきたが、2010年代に入ってある種のトレンドを示すキーワードとして、新聞・雑誌などでも広く取り上げられるようになってきた。

ビッグデータ Wikipedia

ビッグデータのメリット

現状の動向を分析できる

ログデータと呼ばれる、行動履歴データを分析することにより、行動の傾向を把握することもできます。

例えば、どのような属性(年齢、性別 等)の人は、こういう時にはこのような動きをすることが多いなどといった、傾向を知ることができますので、それに合わせて何かできないかを考えるヒントにもなります。

新しいヒントが得られる

人にはどうしても先入観がありますので、思い込みで物事を判断してしまいがちですが、データを読み解くことで今までの先入観や思い込みでは見えないものが見えてくることがあります。

例えば、NHKのAIの特番で”結婚をしたいなら家電量販店に行くと良い”ということがビッグデータを解析することでわかりました。今までの婚活アドバイスとは一線を画したものですが、結婚に至った方の行動を分析することで、そのようなことも見えてきます。

ビジネスをさらに発展させるために、ビッグデータとAIを活用してそのような知見を得ようとする動きも見られます。

ビッグデータ発のヒット商品も誕生している

ビッグデータを分析してヒット商品を誕生させた企業も生まれています。そのヒット商品は同店での過去最大級のヒット商品となっています。

関連ニュース

ビッグデータのデメリット

プライバシーの問題

データの集合体がビッグデータですが、データ一つ一つには個人を特定できる情報が含まれていることがあります。

個人が特定できるデータを使いますので、慎重にデータを扱う姿勢と体制が不可欠になります。

活用するための土台が追い付いていない

ビッグデータの活用で最も大きなネックとなっているのが、ビッグデータを活用するためのスキルを有する人材や会社がまだ少ないという点にあります。

M&Aによって確保

不足する技術と人材をM&Aによって確保するという動きが2019年から非常に盛んになっています。

社内の人材を育成していくほうが費用面では賢明かもしれませんが、育成にかかる時間と市場の変化を鑑みると、技術力を外から取り入れるほうが良いと判断する企業が増えています。

関連ニュース

まとめ

今後のビジネスでは非常に重要な役割を担うことになるビッグデータとAI。

それらを扱える企業と扱えない企業は、馬車に乗り続けるのか、自動車に乗るのかと同じぐらいの大きな差が生まれるとみられています。

それほど重要な価値を持つビッグデータ。
注目するに値します。

IT
フォローしていただけると嬉しいです!

経済ニュースのメモ帳 【たけもん】
タイトルとURLをコピーしました