ブロックチェーン

IT
この記事は約4分で読めます。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーン(英語: Blockchain、ブロックチェインとも)とは、分散型台帳技術または分散型ネットワークである。

ビットコインの中核技術(サトシ・ナカモトが開発)を原型とするデータベースである。

ブロックと呼ばれる順序付けられたレコードの連続的に増加するリストを持つ。
各ブロックには、タイムスタンプと前のブロックへのリンクが含まれている。

理論上、一度記録すると、ブロック内のデータを遡及的に変更することはできない。ブロックチェーンデータベースは、Peer to Peerネットワークと分散型タイムスタンプサーバーの使用により、自律的に管理される。

フィンテックに応用されるケースでは独占や資金洗浄の危険が指摘されることもある。

ブロックチェーン Wikipedia

ブロックチェーンの課題・問題点

記録の変更や削除ができない

ブロックチェーンに記録される情報は変更や削除ができません。これは良い面でもあるのですが、変更や削除が求められる情報を記録する仕組みとしては不向きです。

例えば、個人情報をブロックチェーンで管理するというのは、個人情報保護の観点で不向きとなります。

取引の速度が遅くなることがある

ブロックチェーンに記録するデータの単位が非常に小さいため、記録にやや時間がかかることがあります。

ブロックチェーンの価値・メリット

ブロックチェーンを利用するうえで、課題となっていることとして次のような点があります。

記録の分散管理

ブロックチェーンとは取引の履歴を分散して管理するという仕組みのことを指します。

1つの台帳で集中管理すると、それを管理する管理者が必要になったり、改竄が簡単だったりの問題点がありますが、台帳を分散させることで管理者が不要で改ざんが実質不可能となります。

物流の流れを一括管理も可能

従来の物流は荷主から届け先までの間に、いくつもの場所と人を経ることになります。

そして、場所と人を減るたびに伝票のやり取りが発生していて、その伝票が荷物の流れの記録として使われていますが、伝票は人間が記入しますので、間違いが起きたり、不正が起きたりが後を絶ちません。

それをブロックチェーンを使うことで一気に解決することが可能です。

発想から到着までの履歴をすべてブロックチェーンの仕組みを用いることで、途中で伝票データが書き換わったり、荷物が消えたりするという事を防ぐことができます。

関連ニュース

 日本通運はアクセンチュアやインテル日本法人と組み、ブロックチェーンを活用した輸送網の整備に乗り出す。

まず医薬品を対象に2021年の構築を目指しており、倉庫の整備などを含め最大1千億円を投資する。偽造医薬品の混入を防ぐための品質管理に生かし、将来は消費財全般に応用する。

ブロックチェーンは暗号資産(仮想通貨)の利用が先行していたが、大企業が本業に取り入れてビジネスの効率化などに使う段階に入ってきた。

偽造品排除へ先端物流、日通などがブロックチェーン(2020年3月9日)

個人間のやり取り

お金を送金する、送金を受け取る。従来この役割は銀行が担っています。
銀行を介することでお金のやり取りが記録として残りますし、より確実に相手に送金できますが、手数料が発生します。

ブロックチェーンの仕組みはそれらを一切不要にしますので、送金を第三者経由ではなく直接行うことができます。

情報改竄がほぼ不可能

台帳を分散管理するという仕組みがブロックチェーンの最大の特徴です。
そして、この特徴があるお陰で情報の改ざんがほぼ不可能です。

まとめ

仮想通貨に用いられている技術として注目を浴びたブロックチェーンですので、どうしても金融専門の技術としてとらえられがちですが、実は金融専門の技術ではありません。

むしろ、ブロックチェーンという考え方を最も効果的に使えるのが通貨かもしれないという発想のもとで仮想通貨が生まれたととらえるほうが現実に即しています。

取引の履歴を残し、閲覧可能にする。
どのビジネスでも応用ができる技術ですし、取り入れることでミスや不正が一気に減ります。

これからどんどん採用が増えていく技術の1つだと言えます。

IT
フォローしていただけると嬉しいです!

経済ニュースのメモ帳 【たけもん】
タイトルとURLをコピーしました