ブログ記事を書き続けるために大切にしている3つのこと

この記事は約6分で読めます。

記事を書く。

しかも淡々と、いつまでも。

これが出来る人が結局は強いんだよな・・・ってことを、ブログを運営して、ブログ運営の壁にぶつかった経験がある人ならすでにご存じだと思います。

僕もその一人です。
こんにちわ、たけし(@takeshimonkey)です。

かれこれブログを書くというだけなら10年以上前からやっているような気がしますが、続けられているものは1つもないという大変お粗末な状態になっている僕です。

自分には才能がない、続けても仕方がないとさじを投げ続けていましたが、それでも書き続けてみようと思い、このブログを書いています。

でも、今までの自分を省みないままでは成長がないぞって思って、自分の過去の失敗を教訓に今は記事を書いています。

今は、1日に2時間2記事のペースで書き続け、今日現在で1週間が継続しています。

そんな過去の失敗から得た僕の教訓、もしかしたら役に立つ人がいるかもしれないぞってことで、まとめてみました。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

ブログ運営を続けるために大切だと思っている3つのこと

細かく話せばややこしく、そして長くなるのですが。

僕が過去のブログ運営で失敗してきた経験を一言にまとめると「バランスが悪い」です。

もう少しバランスを意識すればよかったな・・・というのが教訓なので、その教訓を胸に今は記事を書いています。

では何の、どんなバランスが悪いと思ったのかってポイントを紹介させていただきます。

欲と愛のバランスが悪い

ブログ運営を欲望全開でスタートさせる。
そんな人はいつの時期も一定数居ます。

一時期ゴールドラッシュのようにブログを立ち上げる人が増えた時期がありました。

今はそういうお金目当ての人たちはユーチューブやFXに流れていきましたが、欲望というものは、人を駆り立てる力があります。

ただ、欲望だけでは物事が長く続くことはありません。

欲望は着火剤のようなものでしかありませんので、長く燃え続けるためには着火剤から焚き木へと火が移ることが大切です。

どういう事かというと、欲望というもので火がついてスタートしたことは、愛情という「与える喜び」の部分へと火を延焼させること。

ここを意図的にでも無意識的にでもやることが大切だと僕は思っています。

幸い僕の場合、欲望でスタートさせたブログは全滅しました。
それによって、欲を満たすためにブログを運営するのはもういいや・・・と思えたこと。

でも、書くってのは楽しいな・・・という感覚が残っていたので、自分が楽しむためという、自分を喜ばせるための1つとしてのブログをやってみようという思いでスタートさせることができました。

得ることの喜びを否定しませんが、与える(生み出す)ことの喜びとのバランスはとても大切なんじゃないかな・・・と思っています。

時間のバランスが悪い

欲を満たすために始めたブログの多くは、たいてい息切れしました。

スタートダッシュでとにかく記事を書いて、がむしゃらに行動しました。
それはそれで決してダメなことではないのですが、そのペースが持たないのです。

そこでペースダウンをさせればいいのですが、ペースをダウンどころではなく、ペースをゼロにしてしまうんです。つまり辞めてしまうのです。

そして、しばらく放置して、思い出したころにまた燃え上がる炎のように記事を書き…を繰り返していました。

なぜこうなるのかっていうと理由は簡単です。
先ほどのかぶるのですが、欲望に突き動かされた行動は衝動的になるためです。

ほしい!という衝動は強いパワーを持っていますが持続力がありません。

理想的なブログ運営は安定的した提供です。
定期的に記事が追加されるようなブログが理想的です。

結果的に記事も多くストックされるし、読者も増えるし…で実りも多くなります。

では安定的に記事を書くためにはどうすればいいのかとなると、それをやる時間を確保する。確保して、必ず実行する。これだけだと思っています。

ブログのための時間を作ったり、削ったりするのではなく、1日にこれだけ!と先に決めてしまうこと。
そんな安定した時間配分が大切だと思って、今は時間を確保するようにしています。

クオリティに関するバランスが悪い

記事やブログに対するクオリティ。

高ければ高いほどいいと思う部分もあるにはあるのですが、今の僕は結構正反対と言いますか、かなり緩くなっています。

完成させることがとにかく重要。
質が悪くても、完成させること、終わらせることがとにかく重要。

そう思うようにしています。
100点を目指すというのは辞めることにしました。

こう書くと質の悪いものを読ませるつもりかって話になるのかもしれませんが、そうではありません。

100点なんて、あってないようなものだからです。

僕の100点はあなたの100点とは違うと思いますし、その逆もまた然りです。
昨日の僕の100点と、明日の僕の100点も違います。

それなのに100点を基準にすると記事を公開できなくなるのは自然な流れだと思うんです。

そうじゃなくて、自己採点で合格点程度の点数があればいいんじゃないかな?って思うんです。

 

違う角度で言えば、記事を書く段階の少々の努力量では質は大きく変わらないとも思うんです。
書く前の段階である程度の点数は決まっていると思うんです。

面白い小説を書く作家は、書き始めてから面白くなるわけではないはずです。
すでに頭の中にある物語が面白いから、面白い作品が生み出せるはずです。

 

だから、100点を求めるのはあまり意味がないと言いますか。
それよりも生産を止めない事だと思うので、生産を止めないならそれでOKだと思うんです。

まとめ

というわけで3つのポイントを挙げましたが、とにかく大切なのは欲と愛のバランスです。

このバランスが崩れると、他の部分も一気に変わってきます。

欲が強くなると、必要以上にブログ執筆に時間を割こうとしてしまったり、クオリティをやたらと追及してしまったりして、結果燃え尽きたりします。

大切なのは、愛を持って運営することだと思います。

自分に必要以上に負荷をかけて燃え尽きさせようとしないこと、能力以上の理想を掲げて自分を追い込まない事、これも愛です。

記事を書くのが楽しいのなら、楽しみを確保するのも自分への愛です。

自身の経験を文章にして発信することは、どこかで誰かの役に立つことにもきっとなります。
その手を止めないことも愛の1つだと思います。

そんな目線でブログ運営を捉えると、意外と続けることができる人も多いし、人生が変わった!とかいう人も続出すると僕は思っています。

是非ブログを運営されているなら、そういう視点で一度見つめ直しててみてはどうかな・・・とか思う今日この頃です!

最後までお読みいただいてありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました