ユックリ小さく習慣や癖を変える意識が自分を変える

自分を愛する
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

自分を変えたい。
でも、変えられなかったな・・・とガッカリした事がある。

そんな経験がある人に1つ言いたいのは「焦ったんじゃないかな?」ってこと。

変わりたい。
できるなら「今スグに」。

そう思って焦りすぎたんじゃないかな?

自分を変えるには、長丁場で取り組むことが大切です。
不思議なモノで、焦れば焦るほど、急げば急ぐほど、なかなか変われなくなるんです。

ユックリと小さく変化させれば、あなたがなりたいあなたになれますよ。

スポンサーリンク

自分を変えるという事に不可欠な2つのポイント

自分を変えたいと思うキッカケというのは、大抵はその人にとって大きなものです。

僕の場合は、それは失恋でした。
良い男になりたい!と思って、自分を磨こうと思ったのがキッカケです。

他の人なら、仕事で悔しい思いをしたであるとか、今までの生活を変えたい!という一念発起もあると思うのです。

「自分を変えたい」という強烈なインパクトを感じる出来事があったからこそ、「今スグに」と思うのも無理はありません。

でも、残念ながら「今スグ」はほぼ無理なんです・・・。

自分を変えるとはどういう事なのか。
それはクセ」を変えるという事なんです。

クセです。
習慣と言ってもいいです。

今まであなたが培ってきた習慣や、知らず知らずのうちにやってしまっている「クセ」を変えること。

これがあなたを変えるという事です。

癖を変える事が自分を変える事

「なくて7癖」ということわざがあるように、僕たちはクセをたくさん持っています。

あなたにも、何か癖がありませんか?
クセと言うと個性的で奇抜なものをイメージするかもしれませんね。

「習慣」と言えばいかがでしょうか。
いつもやっていることは何かありませんか?

そう問われると、いくつか思い当たる事が出てくると思うのです。

例えば、靴を履くときに右足から履くのか、左足から履くのか。
これも一つの習慣です。あなたはどちらから履きますか?

その靴を履くときの習慣。
今日から今までと逆の足から履くようにしてください。

それが定着して、今までと逆の足で履けるようになった時、どれぐらいの時間が過ぎているでしょうか?

1日や2日では変わりませんよね?
でも1ヶ月ぐらい続ければ、変わっているかもしれませんよね。

考え方や感じ方も同じです。
考え方や感じ方はクセや習慣なんです。

それを1日や2日で変えられないのは当然なんです。
1ヶ月ぐらいかかったとしても不思議ではないんです。

逆に考えてみてください。

考え方や感じ方が1日や2日でガラッと変わる人って、ちょっと不気味だと思いませんか?
不信感すら覚えませんか?

急に変わらないからこそ信じてもらえるし信じられるという側面もあります。

自分の考え方や感じ方を変えるには、時間をかけて、ゆっくりと変化させていくつもりで取り組むこと。

これが1つ目のポイントです。

変化を拒む機能をすり抜けよう

自分をスグには変えられない理由は、あなたが持っている機能にあります。
その機能とは、ホメオスタシスという機能です。

恒常性 - Wikipedia

恒常性機能とも言います。
その漢字から、同じ状態を維持するための機能というのは察しがつくのではないかな?と思うのです。

生きていく上で欠かせない機能なのですが、”自分を変える”という目的においては、ホメオスタシスはなかなかの曲者なんです。

ホメオスタシスの機能と役割は「大きな変化を起こさないこと」なんです。
少し具体的に言うと「生き延びた昨日と同じ今日を送る」ことがミッションなんです。

動物にとって大きな変化は命の危機につながりやすいからです。
大きな変化を起こすほど、それは危険だと判断して、以前の状態に戻そうとします。

ダイエットをイメージすると分かりやすいかもしれません。

一気に痩せると、痩せた分以上に太るというリバウンドという現象がありますよね?

動物にとって、急激に痩せるというのは命の危機を意味しています。
だから、今摂取できる食べ物から少しでも多くのエネルギーを体に蓄えなくては・・・と判断します。

その結果、ダイエット前よりも太るというリバウンドが起きます。

身体に大きな変化が起きたので、命の危機と判断して、変化前の状態に戻そうとホメオタシスが頑張っちゃったんです。

では、リバウンドを防ぐにはどうすればいいのか。

無理せずにゆっくりと、生活習慣を変えていく。
少しずつ食べ物を減らし、運動を増やしていく。

これがダイエットを成功させる秘訣ですよね?

大きな変化を起こすと変化前の状態に戻そうとする機能がホメオスタシスです。
だから小さな変化を積み重ねるんです。

それがホメオスタシスの監視を潜り抜ける事が自分を変えるというチャレンジを成功させるコツです。

まとめると、こうなります。
自分を変えるためには次の2つがポイントなんです。

  • 一定期間以上、変化を積み重ねる
  • 大きな変化を起こさず、小さな変化を起こす

長い期間かけて小さな変化を積み重ねることが自分を変える事に繋がります。

急いでいるからこそゆっくりと変化する勇気を持とう!

大抵の人は大きな変化で一気に変わろうとします。
合理的でラクチンな自分を変える方法のちょうど正反対をやってしまって、失敗します。

そして「結局、変われないやんけ!」とか嘆いたりします。

自分を変えるとは、考え方や感じ方のクセを変えることです。
習慣を変えることです。

小さな変化を、時間をかけて積み重ねれば誰でも変われるんです。

「でも・・・そんな時間ないし!」とむずむずイライラして、匙をなげたくなる気持ちはわかりますが、残念なことに人間は一気には変われない生き物なんです。

そこを受け容れて認めてあげて欲しいな・・・と思いますし、そこを認めて受け容れてあげる事ができれば、自分を変える事はできますよ。

もっと魅力的なあなたになれます。
もっと自分を好きにもなれますよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました