ネット広告

ネット広告

ネット広告とは

インターネットのウェブサイト(例:Google、Yahoo! JAPANなど)やメールを使用し、企業が製品やサービスのマーケティングのために行う宣伝活動のことである。携帯電話などのモバイル端末に表示される広告も含まれる。「ネット広告」と略されたり、「オンライン広告」「ウェブ広告」とも呼ばれる。

インターネット広告 wikiedia

クッキーとは

いつ、どのサイトを見たかといった履歴や、パスワードなどのログイン情報をためたデータを指す。「Cookie」が正式名称。パソコンやスマホで使うブラウザー(閲覧ソフト)ごとに保存されるため、その端末でネットを見た人の好みや関心を推測して広告を配信することなどに使われる。

日本経済新聞 きょうのことば

ネット広告の強み・メリット

ネット広告独自の強みについて解説させていただきます。

安価から出稿可能

ネットが表れる以前、「広告を出したな・・・」って思ったとしても、広告を出すには最低でも数万円の費用が必要でした。

ところがネット広告は数千円、数百円~広告を出稿することができます。
数百円の広告で数万円の売り上げを上げることも可能なんです。

見る人に合わせた広告を出せる

その広告をどんな人が見るのかに合わせることができます。
クッキーに記入されている閲覧者の情報を参照し、その閲覧者に合わせた広告を表示させることができます。

例えば僕はサッカーが好きなので、サッカー観戦旅行の広告や動画配信サービスの広告がよく表示されます。これは僕がサッカーに関する記事や動画をよく見ているためです。

(あと薄毛用アイテムの広告もよく出ます)

ネット広告の弱み・デメリット

ネット広告独自の弱みについて解説させていただきます。

広告価格の格差が生まれやすい

ネット広告の良さとして数百円などのような安価から広告を出せることにあると先ほど書きましたが、数百円では話にならない広告枠もありまし。

例えば、美容系の業界が出したくなる広告枠はグンと高騰します。

最大数へのアピールは弱い

「こういう人に見せたい」と思う相手に広告を届けることができるのがネット広告の強みですが、反面、不特定多数の方に広告を見せるのは不得意としています。

例えば、ヤフーのトップ画面に広告を出せば不特定多数に広告を一気に見せることができます。では、ヤフーと同じように不特定多数の人に広告を見せられるサイトはあるのか・・・というと、今のところ、ありません。

テレビCMのように不特定多数の人に広告を見せて、需要を掘り起こすことは不得意です。

ネット広告の推移・統計情報

ネット広告市場

「2018年 日本の広告費インターネット広告媒体費 詳細分析」~D2C/CCI/電通が共同でインターネット広告媒体費の詳細分析を実施~ | 株式会社D2C
デジタル広告・マーケティングのD2Cのオフィシャルウェブサイトです。D2Cでは、デジタル領域を軸に、「デジタルマーケティング事業」、「ドコモ事業」、「海外事業」の3つの事業を展開しています。

ネット広告に関する経済ニュース一覧

タイトルとURLをコピーしました