ウィルキンソン炭酸が美味しいものですからヘビロテしています

この記事は約4分で読めます。

炭酸水。

最近、少し脚光を浴びている感じがしますが、どうなんでしょう?

CMを見かけるようにもなったし、自販機やコンビニでも販売しているのを見かけるようになった。

多分人気なんだと思います。
そして、その炭酸水の良さを最近実感していて、毎日飲んでます。

「水分補給=炭酸水を飲む」となりかけています。
つまり、結構ハマってます。

そんな炭酸水生活。

水分補給をしたいけど、コーヒーなどの糖分が入っているものはしんどいな・・・って思っていたりカロリーを控えたい方、水分を飲みすぎないようにもしたい人は、ちょっと取り入れてみては?って思ったんです。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

ウィルキンソン炭酸を飲み続けている3つの理由

炭酸水を飲み始めたのが2020年9月の頭ですので、まだこの記事を書いている時点で3週間も経ってませんが、なんかはまってます。

以前は缶コーヒー一択でしたが、今はウィルキンソン炭酸一択です。

これといったきっかけがあったわけではなく、炭酸水を売ってるけど美味いのか?って疑問だけで手に取って今日に至ってます。

健康志向になったわけでもなく興味本位で飲んでみたら、妙にはまっている。
なぜなんだろう・・・ってポイントをいくつか紹介させていただきます。

一口目のインパクトがいい!

炭酸飲料って他にもありますが、ウィルキンソン炭酸の一口目のパンチ力はちょっと違います。

カーっと来ます。炭酸が。
これ言葉で伝わるんやろか。

このパンチ力がちょっとクセになってしまってます。

必要以上に飲みすぎない

水分補給なら水でも良いんですが、水って飲みすぎません?
胃袋がパンパンになるまで飲めたりしません?

あれはあれで、「のんだった!」って感じがして悪くはないんですが、飲みすてしまって体が重くなる時があるのもまた事実だったりするんです。

でも、炭酸水は炭酸が入っているので、一気に飲もうにも限界があるんです。
二口か三口で、「今はこのへんにしといたろ」感が出てきますので、変に飲みすぎることもありません。

糖分がないからダイエットにも良い

糖分が入ってませんから、糖分が入っている飲料独特の感じがありません。

例えば、手についたとしても、ネチョッとすることもありません。
飲んだ後の体が少し重たい感じがすることもありません。

カロリーもありませんから、太ることもありません。
ダイエッターにはうってつけなんです。(ちなみに、僕もダイエット中です)

炭酸水を買う上での1つの注意点

そんなわけで、「飲んだ時の刺激がいい、飲みすぎない、ダイエットにも良い」という理由から、最近飲むことにはまっている炭酸水なのですが。

良い事ばかりではないというか、ちょっと不便というか、不満を感じる点があるにはあるんです。

自動販売機であまり売っていない

その不安とは、売っている自動販売機があまりない。
この1点です。

コンビニに行けば売ってるんですよ。
でも、コンビニに炭酸水一本だけ買うために行くってのも、なんか気が引けるんですよね。

一本だけ手に取って、列に並んで、会計して・・・って、なんか大げさだわって思っちゃうんですよね。

自動販売機でばしーー!って買いたいわけですよ。

100円玉をバコーンと入れる。
10円玉もバシーンと入れる。

ボタンをだーん!と押すと、ウィルキンソン炭酸水ががーんって出てくる。

そういうリズム感も味わいたいんですが、なかなか自動販売機では売ってない。
ここだけが難点っちゃ難点です。

(もっとウィルキンソン炭酸が売れるようになれば、自動販売機にも並ぶんじゃないかな?という思いで記事を書いてます)

ってなわけでして・・・

水分補給をするときに、飲みすぎず、しかし、何かを飲むときのパンチ力が欲しい。
ダイエットをしていて糖分を抑えたいと思っている。

そんなあなたに今の僕のおススメの飲み物です。

飲んだことが無いってことなら、一度コンビニで手に取ってのんでみてください。
ビックリするぐらいに、何の味もなく、ただただ炭酸水ですから。

きっと「何これ?」ってなると思います。

何これ?ってなると思いますが、しばらくすると「悪くないな・・・」って思っているはずですよ。

そんな事をウィルキンソン炭酸を飲みながら書きました。

 

タイトルとURLをコピーしました