ウーバーイーツの配達員として感じるタワーマンションのメリット・デメリット

この記事は約3分で読めます。

タワーマンション

ウーバーイーツの配達員をしていると出入りする機会があります。

1日稼働すれば1回はタワーマンション案件にヒットするような気もします。

配達員をしてよかったと感じる時もあれば、タワマンか・・・と思う時もあったりでなんとも言えないのですが、そんなタワーマンションに配達員として出入りしながら思う事。

住んでみないとわからないことが多いのは当然として、出入りするだけで感じるタワマンの良しあしみたいなところをちょっとまとめてみたいな・・・と思います。

まあ、結論からいうと「住めるなら住んでみたい」のですが、長く住むのは面倒かな・・・です。

※記事内容は執筆時点(修正時点)のものですので、ご了承ください。

タワーマンションのメリット

まずはタワーマンションのメリット。
だいたいが想像通り、想定通りかもしれません。

セキュリティがシッカリしている

管理人が24時間体制でスタンバっていますし、入り口から部屋まで到達するまでに、何個もオートロックを突破しなければいけません。

セキュリティ面はかなりしっかりしているといつも感じています。

エレベーターがたくさんある

エレベータが一基ということは先ずありません。

3基以上は必ずあります。
規模が大きなタワマンだと10基以上はありますので、エレベータ待ちすることも少ないのも良いところかもしれません。

眺望がいい

タワーと名がつくように、かなりの高層階まであります。
上の階にいけばいくほど眺望もよくなります。

大阪の北浜にある某タワマンはエレベーターから外が見えるのですが、そのタワマンの最上位フロア付近まで配達に行った時には、あまりにもの高さに足が震えました。

住まいがキレイ

建物そのものがキレイなことが多く、配達時に時々見える玄関を見ても、かなりキレイです。

鼻が高い

タワマンに住んでいるというだけで、ちょっと鼻高々になれる気もします。

ただ、これは良しあしがあるかもしれません。
噂に聞く限りでは、上層階と下層階ではヒエラルキーのようなものがあるらしいですので、そういうことを体感するとタワマンに住むのも大変だな・・・とは思います。

タワーマンションのデメリット

続いて、タワーマンションに配達していて、これは住みにくそうだな・・・と感じる点。

外に出るだけでも一苦労

もう、これに尽きます。
部屋から外までの数分かかるケースが時々あります。

たかが数分といえばそうなのですが、コンビニにちょっとドリンクを買いに・・・という感じで外に出るにしても、数分かかります。

そこからコンビニに行き、また数分かけて部屋に戻るとなると、マンションから外に出て帰るだけでも10分ぐらいかかっている計算になります。

1日1回、家からコンビニに行き、コンビニから帰ってくるという行為を行うだけでも1週間単位で見れば1時間はマンション内を移動するだけに費やしている計算です。

これはめんどくさい・・・と常々思います。

タワーマンションを総合的に見て・・・・

というわけで、タワーマンションに何度も配達に行って思うのは、短期間住むには形式も楽しめて気分も良さそうなのでうらやましいなとは思いますが、移動面まで考えると、結構めんどくさそうだな・・・というのが正直なところです。

東京にある有名芸能人ばかりが住むマンションなんて、マンションの入り口からエレベーターまで10分ぐらい歩くとか行ってます。

料理を届けてマンションから出るだけでも下手すると30分ぐらいかかるとか。

めんどくさいな・・・ってつくづく思います。

ちなみに。

先日夜中12時ぐらいに配達に行った際に、エレベーターの乗り換え階にあるソファーとテーブルで子供2人が勉強していました。

こんな時間に、黙々と勉強してるんだ・・・ってのを見ると、こういうマンションに住むような賢い親の子供なんだなと感心しました。

タイトルとURLをコピーしました